toggle

概要

1956年7月15日、献堂式を翌日に控えた聖堂で里脇司教による100名の洗礼志願者の受洗により教会が誕生。

1958年7月16日、コンベンツアル聖フランシスコ修道会により現在地、古田町に聖堂が完成。里脇司教により祝別され「天地の元后聖マリア」に献堂。 

1964年8月13日付で正式な小教区となる

1983年8月14日、教会創立25周年記念事業の聖堂増改築工事が完成。 糸永司教により祝別献堂。

2002年12月1日 高齢化社会が進む流れの中で、高齢者や多くの人々が入りやすい教会を目指して現在の教会が古田町教会献堂50周年を記念して糸永司教によって祝別献堂された。